埼玉県を拠点にヤマハ音楽教室・ヤマハ英語教室・ピアノ・エレクトーン・ピアノ調律・楽器修理・防音室を取り扱っています。
  1. トップ
  2. ベヒシュタイン

最高のピアノを作り出すドイツメーカー、ベヒシュタインの世界へようこそ

その目的は最高に洗練された耳を持ち、ピアノの可能性を最大限まで引き出そうとする演奏家を満足させることにあります。ベヒシュタインは、ピアノの製造において完璧なまでに高い技術をもつドイツのピアノメーカーです。

ベヒシュタインの工場では高度に訓練された専門的な技術者が、それぞれに音楽的に個性をもった唯一無二のピアノを作り出しています。こうした優れた楽器は、細部にまで配慮された条件がそろって初めて、誕生することが可能です。つまりは、材料は優れた特性を持ってなければならないため、細心の注意を払って準備される必要があります。この材料を、制御された温度のもとで管理し、そしてこれを最終的にピアノという楽器に真摯に向き合う工場の熟練した匠の手によって製造される必要があります。ベヒシュタインがベヒシュタインたるゆえんはこうした何年にもわたる努力の結果の末です。
ドイツの工場において誕生した最高のベヒシュタインピアノは、様々な工程がきわめて高度に複合的に、しかも時間を十二分にかけて構成されることにより初めて誕生しうる楽器です。このようにピアノに深い愛情を注ぎこむことにより、いわば宝石のような輝きをもつことができます。

 

ベヒシュタインが作られるまで

ベヒシュタインの側板、内板は非常に頑丈で、壊れず、極度の緊張にも耐えることができます。ブナとマホガニーを積み重ねて型に接着し、決められた圧力をかけて形成します。コンサート・シリーズのための特別な木材や接着剤も慎重に選別することで、安定した音響が保証されます。

側板、内板をその後6か月の間、温度管理室で立てて保管します。内部の緊張を安定させ、一生涯一定に保つようにするためです。特別な装置が継続的に圧力と接着の乾燥具合、室内の温度や湿度を監視します。
ベヒシュタインは薄い響板をしっかりと支えるために最適なプロセスを踏みます。側板と響板は最高のコンビネーションを発揮し、大きく振動し、収縮せず、かつ緩むことのない状態を保ちます。

 

幸せをもたらす音響体験

C.ベヒシュタインのドイツ工場にある特別部署ではグランドピアノの響板の骨格を作っています。ここでの製造工程が、一生涯緊張を保ち安定した響板を生みだす要となるのです。
C.ベヒシュタインのコンサート・シリーズの響板は、いわば楽器の核です。トップアスリートを細心の注意を払って監視するコーチのように、熟練したピアノ製造者だけがこの最高品質の響板製造にかかわることができるのです。

原料となるヨーロッパトウヒは、ヴァル・ディ・フィエンメ(イタリア)の標高1000メートルに生えています。響板の輪郭は慎重に形成されます。板の両端の切削や温度管理室での乾燥時期など、ありとあらゆる要素の結果から、あの複雑なカーブが作り出されます。したがって、響板は数十年ほんの少しも振動することなく保管されるのです。最高品質の木の板によって、C.ベヒシュタイン・コンサート・シリーズのピアノは、一音一音が、繊細に伸縮自在にかつエネルギーを失うことなく、つぼみが弾けるように響きます。
こうして響板は音響エネルギーの伝播を最大限に生かす能力を身に着け、C.ベヒシュタイン・コンサート・シリーズのグランドピアノは研ぎ澄まされた音色を発するのです。

 

深みからの声

光り輝く金色の低音部、明るい銀色の高音部。
C.ベヒシュタインの弦は、高貴で力強い音を生みだす、最高品質です。

低音弦は、高純度の銅線を使用しています。C.ベヒシュタインの厳しい設計書に従って造られた鋼芯に、手作業で巻きつけていきます。

低音弦を巻く作業は高度な手先の器用さが求められます。匠は鋼芯を持ち、高速で回転する間もぶれることのないよう注意します。同時に、銅線を巻くべき方向へ一定の力で導いていきます。張りすぎると銅線の伸縮性と弦の振動幅を損なってしまい、逆に緩いと雑音の原因となります。

手作業で巻かれた弦は、機械作業で巻かれたものと比べ決定的なアドバンテージがあります。C.ベヒシュタインの弦もまた、豊かで色鮮やかで力強い音色作りに大きく貢献しています。

 

大自然の恵みから

C.ベヒシュタイン・コンサート・シリーズを構成する全てが傑作

上の写真は、堅牢な響板支柱です。C.ベヒシュタインでは、このような重要な部分は、マホガニー、松、赤カンバの木からなり、それ専用に最大の安定性を兼ね備えた物だけを厳選しています。

棚板もまた厳選された頑丈な板からできています。強い力に耐えなければならないペダル部分や脚などは、広葉樹で補強された針葉樹でできています。

重い鋳鉄フレームや弦やアクションや響板、緊張と収縮の融合で命を吹き込まれたこれらの傑作を支えて守る側板も、同様に頑丈な木材からできています。したがって、C.べヒシュタインのアップライトとグランドピアノは当然のことながら、輸送の際も調律を保っているのです。そして次の世代でも弾き続けることができるのです。約70000台のピアノが、世紀を超えて世界中で使用されています。

 

息をのむような音

C.ベヒシュタイン・コンサート・シリーズのアップライトピアノ
―世界における最高品質市場の先導者

 

比類ない上品でエレガントなタッチと、美しく、色鮮やかでバランスのとれた音。C.ベヒシュタイン・コンサート・シリーズのアップライトピアノは自由自在な演奏を可能にします。さらに、伝統ある丈夫な造りで、次の世代でも使い続けることができます。

160年以上続く優秀さ!どのベヒシュタインピアノもそれぞれ独自の魅力を持っています。あなたの内面を表現してくれるこのパートナーは、音楽の世界の新しい次元を体験させてくれるでしょう。あなたを裏切ることはありません。C.ベヒシュタイン・コンサート・シリーズの響きは1853年以来、世界の一流ピアニストを魅了してきました。偉大な音楽家も音楽愛好家も、それぞれの音楽的なメッセージをC.ベヒシュタインに託し、表現してきました。

C.ベヒシュタイン社が所有している当時のコンサートプログラムやゲストブックには、錚々たるピアニストたちの親密な会話が書き残されています。リスト、ルトスワフスキ、ブラームス、ドビュッシー、ゴドフスキー、ペンデレツキ、レナード・バーンスタイン、セシル・テイラーが、互いに自分の所有しているベヒシュタインのことを話していたのです。C.ベヒシュタイン社は、このような偉大な音楽家と共に歩んできたことにとても大きな誇りをもっています。

もちろんプロのピアニストのためだけのピアノではありません。ピアノを弾くことがまたは聴くことが好きな人なら誰でもベヒシュタインの美しい音色に心を揺さぶられることでしょう。C.ベヒシュタイン・コンサート・シリーズの楽器でなら、練習も喜びに変わるでしょう、精巧なアクションの構造、繊細なタッチ、ダイナミクス、そして驚くほど色鮮やかな音色、そのすべてを含んだ自分のピアノが大好きになるでしょう。

C.ベヒシュタインのアップライトピアノは、あなたが求める独特な音色やアクションに応え、最初の一歩から妙技に至るまで寄り添ってくれる親友です。C.ベヒシュタイン・コンサート・シリーズのアップライトピアノは他の楽器に引けをとらない音楽的個性をもっています。歌うような、透き通ったその音はまさに称賛物です。

 

気高き音

最高品質アップライトの増音器、アグラフ

C.ベヒシュタイン・コンサート・シリーズのアップライトピアノは、弦を固定するために繊細なアグラフが使われています。この金属が弦をしっかりと固定しながらも、独特の音色を出す役目も果たします。さらに、弦を最適の位置に固定し、音の長さを決め、アクションの精度を高めているのです。ハンマーが弦の最適な場所をたたき、基音を徐々に強め、より澄んだ音を鳴らします。
C.ベヒシュタインのアップライトピアノの最も小さな部品においても美学と高品質へのこだわりは怠りません。隅から隅まで全部が傑作なのです。

ハンマーヘッドはどれも手作業で整音し、調整のあとにチェックされます。匠は針を使ってハンマーの張力とフェルトの弾力を最適にします。この作業がダイナミクスとハーモニーを強化し、色鮮やかな音を作り出します。ハンマーヘッドを整音するにも器用さと、研ぎ澄まされた耳と、フェルトを扱う精巧さが求められます。

 

C.ベヒシュタイン工場における独自のハンマーヘッド製造

C.ベヒシュタインは、最高のアップライトピアノ、グランドピアノの響きを作り出すために妥協を許さないことで知られています。この領域において、これまでこのように思い切って大胆な試みを行うヨーロッパのピアノメーカーはありませんでした。ハンマーヘッドは、サプライヤーから購入していました。しかし、C.ベヒシュタインは、集中的な研究およびテスト段階を経て、2年後に自社でハンマーヘッドを製造するようになりました: これは業界におけるセンセーションです!

「それにもかかわらず、我々は非常に伝統的な手工業を維持し、私たちのイノベーションの力も常にこの伝統の一部となっています。将来的な成功を導くため、研究開発の分野で我々のチームを拡大し、投資しています。」C.ベヒシュタイン取締役会長であるステファン・フライムートはそう語ります。ハンマーヘッドの完全な自社生産の成功は、工学、材料科学、音響分野それぞれの専門知識を有するからこそなし得ることです。

C.ベヒシュタイン独自のハンマーヘッドは、ヨーロッパのアップライトピアノ、グランドピアノ製造においてNo.1の品質基準をもっています。ハンマーヘッドの自社製造は、ヨーロッパのピアノ業界においても唯一無二の革新的な試みです。それはまた、非常に洗練された高品質の素材と直接の調整から成り立っています。結果は、ダイナミクス、ボリューム、ダイナミックな音色において改良されたものとなりました。C.ベヒシュタインのハンマーヘッドは、それぞれモデルごとに固有の形をしており、重量も最適化され、C.ベヒシュタインのロゴがエンボス加工されています。青く色づけされたアンダーフェルトは、C.ベヒシュタインの証です。

ハンマーウッドは、それぞれの理想の響きに最適化させるようになっています。C.ベヒシュタインはクルミもしくはマホガニーのハンマーウッド、W.ホフマンの楽器は、マホガニーやメープルのハンマーウッドという風にです。

注釈:サプライヤーからでなくザイフェナースドルフの自社工場でハンマーヘッドを製造することで、C.ベヒシュタインは非常に高い品質を保つことができます。各音域のサウンドを確認したのち、それぞれのハンマーフェルトは、正確に整音されます。それにより、理想的なバランスでの緊張感と弾力性が形作られます。その結果は、多面的で柔軟な色調のダイナミクスと音域の調和です。整音は芸術です: 職人の技、音階の判断および材料の慎重な取り扱いは、この作品を決定づけます。

 

継続的なサポート

C.ベヒシュタイン技術アカデミー

ドイツのエリートピアノメーカー、C.べヒシュタインは、カスタマーサービスの向上に常に励んできました。ここ数十年間、ドイツにおいて、熟練した技術者を育成するために費やした投資は、いま実を結びつつあります。C.ベヒシュタイン技術アカデミーを通じて、トレーナー達は専門技術を世界のリテーラーや技術者に伝えるようになりました。
従業員向けの研修は必要不可欠であるため、C.べヒシュタイン技術アカデミーでは、参加者のサービス特性に合ったコースを提供し、世界中のC.ベヒシュタインパートナーがベヒシュタインピアノを最適な状態に保てるようにしています。研修を終えた者に対しては、カスタマーサービス師やコンサート調律師といった公式認定書が発行されます。
C.ベヒシュタインはこうして世界均一の品質基準を保障し、ドイツのピアノメーカーとしての地位を維持し、“数十年にわたり、高い要求を満たし続けていく”という野心に忠実であり続けます。